スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
同じ銘柄を追ってみよう(松井証券編)
同じ銘柄を追ってみよう(松井証券編)

ぜんぜん「株名人」とは話は変わりますが、先日私が入っている「松井証券」の記事を書いてから、一度、同じ株を追ってみようという気になってみました。
(買うとか売るとかではなく、ただただ注目をしてみるだけですが)

別に私は松井証券の社員でも何でもないですが、自分の口座の証券会社がどうなのかを注目してみたいと思ったのです。
これを続けることにより、今後長期のトレンドの参考になるかと思うのです。

では、今日は松井証券とはなんぞから調べてみました。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松井証券株式会社(まついしょうけん、英文名称:Matsui Securities Co., Ltd.)は、オンライン証券取引を専門に扱う業者として日本最大手の証券会社だった時代もあった。


ふーむ、日本最大手だったのか!

続いて概要
インターネット取引専業の証券会社として、日本で初めて東証第1部に上場した(証券コード:8628)。代表取締役社長は松井道夫。
経営陣には、1997年に経営破綻した山一證券の幹部やエリート従業員なども名を連ね、商品開発などで功績をあげたのも過去の話。現在では山一證券出身の役員は少数派。


日本初はすごいと思ったが、過去の話というのが厳しい指摘だ。

以下、サービスの詳細があるが省略。

相対的にどういうか、ぐんぐん伸びている印象の少ない会社だと言うことがわかる。

続いて、株価。
430matui

去年の5月にドンと株価が下がっている。
まだ株を始めて間もない私にはこの下がり方の意味がわからない。
しかし、こうして、一つの会社を細かく追っていくと、何かが見えてくるかもしれない。

よしもう少し、松井証券だけを追いかけてみよう。



ブログランキングに参加しました。一押しお願いします!


スポンサーサイト
【 2007/04/30 21:50 】

| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
先週はパス。
先週はパス。

仕事が忙しすぎて、先週は「株名人」ほとんど稼動させず。

いくら「自動売買」であっても、人間が注文しないことには動かない。
もう一つ、休んだ理由は「気分が乗らなかった」こと。
何日か抽出はさせてみたものの、どうも「買いたい」気持ちが起こらない銘柄が出てくるのです。
これを株に詳しい友人に話したところ「それも正解。負けないことも株のうち」とのこと。
そして「それは強気の勝負」とも言ってくれました。

気が弱いのかなと思っていたら「強気」とは……。

とは言え、連休に入ってせっかく楽しみ出した「株」が買えないのは少し寂しい気持ちです。

その間に勉強勉強!!


ブログランキングに参加しました。一押しお願いします!

テーマ:初心者にお勧め情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

【 2007/04/30 18:08 】

| 入門編 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。